ICL手術

便利ツール

 先日、ICL(眼内レンズ)の手術を受け、視力が両目とも0.1以下から1.5に回復しました。現在、術後1ヶ月程度ですが、とても快適なので、ICL手術を受けようと思ってから、術後までの流れを備忘録として残したいと思います。

 ICL(Implantable Contact Lens)手術は、目の中に「眼内コンタクトレンズ」をはめ込むことで視力を矯正する方法です。一生つけっぱなしのコンタクトのような感じですね。

 視力の矯正というと、レーシック手術が比較的メジャーですが、あちらは目の角膜を削ることで視力を矯正するので、手法が大きく異なります。

ICL手術を受けたきっかけ

 10年以上コンタクトユーザーでしたが、やはり毎朝・毎晩の着脱と手入れが面倒だったのが一番気になっていました。眼鏡が苦手で、休日も含め一日中コンタクトをつけていたこともあってか、エアコンの効いた部屋でPC作業をしているとコンタクトが乾燥してバサつくのも不快でした。

 また少し毛色が違いますが、裸眼の視力が0.1ないので、夜間に災害があると命に関わりそうだなと思ったのも動機のひとつです。

 このような理由で、まずは手術が受けれそうか検査をしてもらおうと思い、以下のような流れで実際に手術をするところまで至りました。

1. 調査(手術タイプ/病院決め)

 まず良くある「レーシックかICLか問題」ですが、自分がまだ20代ということもあり、術後に視力が落ちる可能性が高く、一度削った角膜は元に戻せない(後々目が悪くなった時に追加で矯正が難しい)レーシックは、長い目で見て望ましくないと思いました。

 また元の視力がかなり悪いので、レーシックとなると角膜を削る量も多くなる(視力が低いほど多く削る必要がある)ので上記のような懸念が一層強まるのも心配でした。

「レーシックかICLか問題」の大きなポイントである手術代金の違いですが、確かにICLは値段がレーシックの倍くらいなので高いなと思いました。私の受けたところではレーシックが20〜30万、ICLが50万くらいでした。

 ですが、もともとコンタクトの時のドライアイをどうにかしたいと思っていたので、ドライアイになりにくい意味でもICLだなと思い、上記の追加矯正の話も合わせて、レーシックは受けないことにしました。

 続いては病院決めです。ネット評価あるあるだと思いますが、どんな病院でも低評価レビューは探せばあるもので、それを見てしまうと中々決めれませんでした。

 最終的には、ネット上の個々人のレビューは見ていてもしょうがないと割り切り、実績(症例数等)で選ぶことにし「品川近視クリニック」さんにお願いすることにしました。

 ここは症例数が日本一で「ICL 東京」とかでググるとすぐに見つかるかと思います。対応が雑でいい加減と言った低レビューも目にしましたが、個人的な体験としては丁寧に説明、検査してもらえました

 症例数が多いだけあってか、土日などはとても混雑しており、クリニック側は多忙だろうなという印象なので、それがある種の流れ作業のように感じる方もいらっしゃったのかもしれません。

* * *

▼「品川近視クリニック」公式サイト

品川近視クリニック【公式】 | レーシックやICLで視力回復なら
品川近視クリニック公式サイトです。レーシック・ICL・老眼治療・白内障治療における経験豊富な眼科専門医が患者様に最も適した治療を提供します。適応検査や説明会は無料です。視力でお悩みの方はお気軽にご来院ください。

* * *

 名前は「品川」ですが、札幌・名古屋・大阪・福岡にも病院があるそうです。有名な話らしいですが、ここでは手術時にクーポンを使用するのが一般的となっており、そのクーポンは手術を受けた患者が発行できる仕組みになっています。

 紹介側にもメリットがあるので、SNS等で発信してる人も多いです。私も知り合いに手術経験者がいなかったので、Twitterで初対面の方にDMして電子クーポンを発行してもらいました。

 クリニック側もクーポン持ってますよね?みたいな感じで来ます。割引の額も小さくないので、これから受けようと思っている方は私なり、知り合いなりにクーポンを発行してもらうことをお勧めします。

2. 初診〜手術

 手術のタイプと病院が決まったので、予約して初診を受けにいきました。初診では、とにかく目の検査をたくさん受け、その後に希望の手術に関する説明を受け、手術の予約をして帰る流れでした。

 ICLができるかどうかの検査も含まれており、周りを見ていると、レーシックにするかICLにするかの相談を初診時にしている方もいました。ただ個人的には、この選択はとっても悩むものだと思うので、病院で説明を受けてから、その場で焦って(もしくは勢いで)決めるのは後悔のもとになる気がします。なので手術のタイプは初診の前に決めてしまうことがオススメです。

 ICLの場合は初診後にレンズを注文するので、レンズが届いたら追って連絡がきます。手術日はこの時に決める流れです。個人差があるようですが、私の場合は1週間弱で連絡がきました。

 ここで手術日を決めるのですが、これがいちばん難しいと感じたポイントで、手術前後には以下のような制約があります。

 いちばんインパクトがあったのは、当日〜2日後までの洗髪・洗顔不可でした。目に水が入るのを絶対に避ける意図らしいです。こうなると期間中は外出が厳しくなると思います。社会人だと中々調整が難しいですが、私はテレワークの日をうまくよせてねじ込みました。

 体の方は、タオルで拭いたり、頑張って首から下だけシャワーを浴びたりしてなんとかなったのですが、洗髪不可が本当にきつかったです。だんだん不快になってくるものの、タオルで拭いてもそんなに解消されませんでした。

 私は知りませんでしたが、水を使わないシャンプーであるドライシャンプーなるものがあるようで、これなら使えるとのことでした。病院側から特に提案されたりはしませんが、私がもう一度手術を受けるなら間違いなくドライシャンプーは用意します。

 ↓ ↓ ↓ 手術当日 ↓ ↓ ↓

 当日は10時半にクリニックに到着し、手術自体が始まったのは12時半くらいだったかと思います。手術までは何個か目の検査を実施し、瞳孔を開く目薬を10分おきくらいにさしていました。

 手術が近づいてくると、専用の待合室に通され、そこで手術帽をつけてもらったり、手術の具体的な説明を受けたりするのですが、裸眼なのと、目薬で瞳孔が開いているのでほぼ何も見えず、ぼんやりと待機していました。

 平日の金曜日に手術を受けたのですが、周りにも手術を受ける方がたくさんいて、待ち時間はそこそこ長かった印象です(電話で手術日を決めるときに土日は2ヶ月先くらいまで埋まっていました)。

 いざ手術室に呼ばれると、手術台の椅子版のようなものに横になり、片目だけが空いたシートを全身にかけられました。この後、瞼が閉じないように、目をシールと金属器具で固定するのですが、ここがいちばん恐怖感がありました(痛くはないです)

 手術中は目薬がバシャバシャかけられるので、目が乾くことはないです。目線の先が3点の光のようなものになっていて、その中間を見るように指示されます。正直ぼやけすぎていて自分がそこを見ているの分からないのですが、医師の方が「目線ちょうどいいですよ」的なことをおっしゃっていたので、そのままぼーっとしていました。

 レンズを入れる瞬間は、ほとんど感覚なしでした。ただ、レンズ位置を固定するために、目にレンズを入れてから少し動かす時間があるのですが、その間は少し違和感・不快感がありました。人間ドックで内視鏡検査を受けているのに近い感覚だったかと思います(内視鏡の方が100倍しんどいですが)。それでも1分くらいで固定し終わったので、トータル20分程度で、大して苦しまずに手術が終わりました。

3. 手術後

 手術の直後は全体的に、とりわけ手元がぼやけて見えない状態です。休憩室で1時間程度安静にしたのち、保護用サングラスや目薬を貰い帰宅となります。

 私が帰宅した時はまだ夕方だったのですが、目薬を1時間おきにささなくてはならない事もあり、寝れないけれど手元がぼやけて何もできない状態でした。仕方なくYoutubeを耳できいて夜まで過ごしました、、なので手術の時間は午後の方が良いかもしれません。

 これも視力矯正手術あるあるだと思いますが、翌朝目覚めた時の視界はとてもクリアで、気分が上がりました。なぜ一晩寝るだけでこんなに差が出るのかと不思議になるくらいです。

 翌日の検診、一週間後検診も問題なく、現在術後1ヶ月程度経ちました。見え方はコンタクトと同じで、着脱や手入れの手間がなくなり、コンタクト乾燥時の不快感からも解放され、とても快適です。

 強いて言えば、良く言われる光の輪が見えることはあります。これはICLに水を通すための穴が空いており、そこに反射して強めの光を直視すると、視界に光の輪っかが見えるものです。個人的にはそこまで気にならないのですが、夜間に車を運転することが多い方などは医師の方に相談してみるのもいいかもしれません。


 今まででいちばん高額な出費でしたが、トップクラスに良いお金の使い方だったなと思います。特にずっとコンタクトを使い続けると、コンスタントに出費が嵩んでいくので、長い目で見れば金額は問題ではないのかなといった印象です。

 目の手術と聞くと最初は抵抗があるかもしれませんし、ネットでそういった不安を煽る系の記事も探せば必ずあります。ただ、コンタクトを使い続けても目の病気等のリスクはあるわけなので、現状の見え方に悩んでいるのであれば、思い切って挑戦してみることをお勧めします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました