おすすめ本

おすすめ本

ホモ・デウス

「飢餓・疫病・戦争」の克服によって、劇的に生活を改善してきた人類の次なる目標とは?歴史家のユヴァル・ノア・ハラリさんの『ホモ・デウス』を要約しました。アルゴリズムが支配する世界は私たちのユートピアなのか?
おすすめ本

『メインテーマは殺人』&『その裁きは死』

『カササギ殺人事件』で大きな注目を集めた英国作家アンソニー・ホロヴィッツさんの新シリーズ「ホーソーン・ホロヴィッツシリーズ」の一作目と二作目である『メインテーマは殺人』と『その裁きは死』を読みました。伏線回収が激しくてとても面白いです、、人物相関図の解説ついています。
おすすめ本

先生、どうか皆の前でほめないで下さい

現代の若者が抱える複雑で微妙な心理を解読した、金間大介さんの『先生、どうか皆の前でほめないで下さい』を要約しました。現代の若者の特徴とはどのようなもので、その背景には何があるのか?
おすすめ本

ヨルガオ殺人事件

イギリスのアンソニー・ホロヴィッツさんによる、7冠を達成したベストセラー『カササギ殺人事件』の続編『ヨルガオ殺人事件』を読みました。今回も本の世界が二段構えで謎の深さに圧倒されつつ、見事な伏線回収が爽快でした!
おすすめ本

カササギ殺人事件

2019年の「このミステリーがすごい!」や「本屋大賞」を含む7冠を達成した至高の海外ミステリ小説『カササギ殺人事件』を読みました。
おすすめ本

映画を早送りで観る人たち

『映画を早送りで観る人たち ~ファスト映画・ネタバレ――コンテンツ消費の現在形』の要約・感想です。なぜ映画や映像を早送り再生しながら観る人がいるのか?そうせざるを得ない切実さを紐解いた面白くもあり、衝撃的な一冊です!
おすすめ本

Humankind 希望の歴史・下

「Humankind 希望の歴史」の下巻の要約・書評。「隷属なき道」で注目を集めたオランダの若き歴史家ルトガー・ブレクマンさんの最新作。人間の本質は善か悪か?の問いに、科学的な知見を当てはめ、歴史上に広く蔓延した偏見に挑む革新的な一冊です。
おすすめ本

Humankind 希望の歴史・上

「Humankind 希望の歴史」の上巻の要約・書評。「隷属なき道」で注目を集めたオランダの若き歴史家ルトガー・ブレクマンさんの最新作。人間の本質は善か悪か?の問いに、科学的な知見を当てはめ、歴史上に広く蔓延した偏見に挑む革新的な一冊です。
おすすめ本

正義の教室

「正義の教室」の要約・まとめ記事です。哲学入門書としてストーリーの完成度が高すぎる、非常に読みやすい一冊でした。
おすすめ本

岩田さん

「岩田さん 岩田聡はこんなことを話していた」を要約と感想をまとめました。任天堂の社長としてWiiやニンテンドーDSを世に生み出した偉人は、何を考えていたのかが生前の岩田さんの言葉をもとにまとめられた一冊です。
タイトルとURLをコピーしました